女性もキャッシングするんだもん!

現代は男女平等

 

男性が仕事に出るから女性は家庭を守るのが仕事という時代はもう昔のこと。
現代は女性も外にでてバリバリ働く時代。
もちろん家庭を守ることもわすれていない。
女性ってすごい!!!
女性としてのやるべきことは仕事をしていてもこなしているのが今の世の中の女性の半数を占めている。
正社員として、パートとして、アルバイトとして女性も仕事をこなしている。

 

それなのになぜかまだまだ女性というだけで給料が少なかったりする場合がある。
これって男女差別ではないのか?
今は男女平等の時代

 

だからこそ何も躊躇するなく男性と同じように過ごせばいいのではないだろうか?
でも実際手にする給料が少ないことで女性はお金に苦しまなくてはならない。
そんななか今までは男性のイメージが強かったキャッシングをする女性が増えてきている。
なぜかというと先に述べたように給料が少ないという点もあるが、女性は自分の身なりにも お金がかかる。
美容院に化粧品、洋服にカバンに靴にアクセサリー。
お金がいくらあっても足りないぐらいだ。

 

男女平等の時代、キャッシングも男女平等の時代だと思う。

 

キャッシング

 

キャッシングとはお金を借りることである。
親や友だちや職場の人に借りることではない。
お金を貸してくれる会社で金利を払って借りることをいう。

 

一昔前までは消費者金融でお金を借りる人が多かったようだ。
ほとんどが男性。
でもその中に少しの女性がいた時代。

 

今でも同じ光景は目にするが、女性の率が多くなっているのが現状だ。
今では銀行カードローンなる物もあり、銀行も積極的にキャッシングをする時代になった。
そのことでよりキャッシングが女性にとって身近になったのかもしれない。

 

消費者金融は男性の行くところという固定概念が残っている中、誰でもキャッシング関係なくいく銀行の方がなじみがあるのかもしれない。
しかもネットの普及により、わざわざ来店しないでもキャッシングできるシステムとなっている。
これがよりキャッシングを身近な物にするのかもしれない。

 

 

身近な物になったキャッシング、でも正直周りの目は気になる。
それが女性だ。
堂々と胸を張って言えることではない。
ではどうやってキャッシングをしていけばいいのだろうか?

総量規制とはあまり耳にしないですよね。
これは金融の専門用語です。
しかも法律の名前なのです。

 

この総量規制という法律は数年前にできました。
総量規制はお金を借りる人に規制をかけるための法律です。
また貸す側にも規制をかけるものなのです。

 

数年前はキャッシングを誰でも自由にいくらでも審査が通過すれば借りれることが多かった時代でした。
しかしながらそのことで返済ができなかったり借用件数が何件もあり、苦しむ人が増えていたのは事実です。
そして多重債務者と呼ばれるひとたちが多くなりさまざまな現象がおきてしまいました。

 

そのことで国が法律を作ったのです。
その内容は年収の3分の1以上の貸し付けをしてはいけないというものでした。
例にあげるなら年収が300万円の人なら100万までしか貸してもらえないということです。
この総量規制がなかったときは消費者金融側も貸したいばかりでその人の要望のままに多く貸し付けていることもあったでしょう。
でも今はできません。

 

そして自分自身に収入がなくてはキャッシングができません。
つまり専業主婦は借りることができないのです。
それまでは旦那様にそれなりの所得があればよかったのですがこの総量規制によって専業主婦は貸し付けができなくなりました。
パートやアルバイトの人は借りることはできますが年収の3分の1なので希望の金額までの融資は困難でしょう。

 

このように総量規制という法律によって規制がかかるようになったのです。

 

ではこの法律があることで専業主婦はキャッシングできるところがないのでしょうか?
闇金融に手を出さなくては無理なのでしょうか?

 

違います。
抜け道はあるのです。
そのヒントはこの総量規制という法律は貸金業法なのです。
この貸金業法が関係していない金融機関を選ぶことによって自分でお金を借りることができるということなのです。
専業主婦でもキャッシングができるのです。

 

それは・・・銀行カードローンです。
http://www.hugemagazine.jp/を除いてみてください。

 

続きを読む≫ 2014/10/01 21:58:01

キャッシングに必ず関係してくる言葉に金利があります。
この金利はいわゆる利息です。
お金を借りるうえでその会社や銀行に使用料として余分に払うお金です。

 

利息や利子の場合は金額で表されていることが多いのですが金利は借りる金額に対して%で表されています。
%で表されているのでは高いのか安いのかよくわかりません。
金利の数字の見方がわかっていなければキャッシングをするうえで損をしてしまうかもしれません。
そこで金利の数字の見方を紹介します。

 

低金利

金利が低く安い使用料で済むのが1番のぞましいでしょう。
そのためには低金利である会社や銀行を見つけるのが必要です。

 

金利の表し方は○○%〜□□%と表記されているものが多くあります。
この2つの数字があるときどのように比べたらよいかわかりますか?

 

人間の心理的にはどちらにも数字がなるべく小さいものが低金利だという想像はつくことでしょう。
では○○の部分には小さな数字が、□□には大きな数字が書いてあったとしたらこれはどうでしょう?
なんだか金利の幅が大きいことから低金利な気がしてくるかもしれません。

 

でもこれが間違いなのです。
%の数字の幅で低金利だと選んではだめなのです。

 

○○%の方を下限金利と言います。
そして□□%の方を上限金利と言います。

 

金利の見方では上限金利の%を見る必要性があります。

 

下限金利はこれ以上は下がりませんという金利の数値ですがなかなかこの下限金利の数値でキャッシングしてくれる会社や銀行はありません。
逆に上限金利はこれ以上上がりませんという金利の数値なので注目するべき点かもしれません。
つまりキャッシングをするうえで注目するのは上限金利ということなのです。

 

100万円以上のキャッシングにはあまり関係なくなってしまうのが上限金利なので一概に上限金利ばかりを見るのが低金利とは言えないようです。
でも50万円ぐらいからなら絶対的に上限金利の数値が低いものが低金利といえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/09/07 23:05:07

お金をキャッシングする場所を知らなくてはキャッシングすることはできません。
まずはキャッシングできる機関を調べていきましょう。

 

よく耳にするのは消費者金融いわゆるサラ金です。
消費者金融の全盛期はバブル期〜崩壊後あたりですかね。
その時の大手は○富士でしたがしっていますか?
印象的なCMとともに「この会社ってなんだろう」って思った方も多いのではないでしょうか?
このころからサラ金という名前よりも消費者金融という名前が定着したように感じます。
全盛期の頃に比べれば今は少なくなったような気がします。
消費者金融を取り巻く環境が少しずつ変化していったからなのです。

 

国も法律を定めていったりしたことも要因の一つでしょう。
今はその名残で過払い金の支払いなんてことも起きているみたいです。
その消費者金融で有名なのは
アコム
アイフル
プロミス
モビット
このあたりではないでしょうか。

 

 

そして消費者金融と並び昔からあるのがクレジット信販会社です。
ここも消費者金融という名前ではないだけでキャッシングに関しては同じような機関です。

 

セゾン
JCB
オリコ
ジャックス

 

 

最後に今勢いがあるのが銀行カードローンです。
大手の銀行をはじめ様ざまな銀行からキャッシングできるようになりました。
CMも某女優さんや俳優さんなどを起用してイメージアップをはかりながら戦略をしているようです。
そのイメージアップ効果は絶大な物があり、多くの方が銀行カードローンを利用しているようです。

 

もちろんそのCMだけの効果ではありません。
銀行という安心感が私たちの心をつかんでいるのだとおもいます。
また法律である一定の人のキャッシングを消費者金融やクレジット信販会社はできないのですが銀行はその法律が関係ないので貸すことができるのです。
そこも魅力の一つのようです。
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
オリックス銀行
新生銀行
スター銀行
ジャパン銀行
などが有名でしょう。

 

まずはこのようなキャッシングできる機関をみつけ詳しく調べてからキャッシングすることをおすすめします。

続きを読む≫ 2014/07/20 16:34:20

キャッシングをするには一体どうしたらよいのだろうか?
まずはキャッシング方法をみていこう。

 

キャッシングをするためにはまずは申し込みをしなくてはならない。
その申し込みをする方法はいくつかある。

  1. WEB
  2. 店頭・無人機
  3. 電話
  4. FAX

 

最近は時代ということもあってWEBからの申し込みが多いようだ。
WEBではいつでもどこでも申込みをできるとあって手軽さがいいらしい。
電話では相手と直接話さなくてはいけないという理由からあまり利用されていないみたい。
FAXはほとんど利用されていない。

 

店頭や無人機はその会社なりに行かなくてはいけないからやっぱりWEBが1番いいような・・・
ところが実は1番おすすめだったりするのである。

 

というのもWEBや電話FAXで申し込みはもちろん簡単だし誰にも会わずに申し込むことができる。
そこはたしかにメリットであるといえる。
しかし申し込みをした後どうしてもカードなどが自宅に届けられるということにつながる。
オリックス銀行カードローン審査では、最短即日の審査だが、融資はローンカードが自宅に届いてからというのが重要なポイント。

 

そこを気にしない人ならWEB申し込みが1番いいかもしれない。
でもばれたくないという人にはあまりおすすめできない。
そこで店頭や無人機に行くのが実は1番いい方法なのかもしれない。

 

というのも店頭や無人機ではその場ですべての申し込みが行われ、カードもそこでもらうことができるので自宅に郵送物がとどくことはないからである。
もちろん郵送で届くものもあからさまにキャッシングしましたって感じの物ではないのでなかなかばれないとは思う。
でも逆になんだろうと怪しまれる確率が高い人は郵送物は探られてしまうかもしれない。

 

女性だからこそキャッシングしてるってばれたくない。
そのためには店頭や無人機に誰にも見られないように入るのがいいのかもしれない。
すべてのことがそこで終わるから・・・

 

女性だってキャッシングするんだもん、見られても別に悪いことをしているわけではないんだから。

続きを読む≫ 2014/06/24 15:47:24